花咲旅路

作詞・歌・ガーデニング…全て初心者。でも一歩ずつ。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 図書館って怖いトコなのね。 | main | 「NO1にならなくてもいい」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

リトル・ミス・サンシャイン

評価:
マイケル・アーント
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 3,010
(2007-06-02)
今さら、ですが、ずっと気になっていた映画をDVDで見ました。
どんな映画かと言うと、負け犬一家の末娘が、補欠から繰り上げで「リトル・ミス・サンシャイン」っていうミスコンに出ることになり、なんでか全員でポンコツの黄色いバスに乗って行く間の出来事を描いています。
…って言っても、まあ、この家族、1人くらいまともな人間はいないのか、っていう状態です。
そりゃあ、長男が「地獄へようこそ」って言ってもおかしくはない。
(ネタバレ注意!)

まず父親!
「成功するための9ステップ」なんてメソッドを作って出版しようとしてるけど、本人が成功してない。
その上、そのメソッドを通して、家族のすることに口出しする。
アイスクリームを食べようとする末娘に「食べたら負け犬だぞ」なんて普通言うか?
そういう思考回路しかないから、自殺企図した義兄が家に来ても、何も話しかけられない。

そして母親!
家族をまとめようとしてるし、一見まともに見えるけど、夫が努力してることに思いやりのある言葉をかけず、責めるだけ。
夕食は毎日フライドチキンにサラダ。紙皿に家族バラバラのコップ。ゲストにキャラクター付きのグラスなんか、普通出します?
息子が「パイロットになるまで無言の誓いを立ててる」ことに、なんの疑問も抱かない。
家族に興味がない母親なのかと疑いたくなります。

それからおじいちゃん…あせあせ
な…なんて強烈なキャラなんだ…。
老人ホームでヘロイン吸引を見つかって追い出されたらしい。
「若いもんはヘロインに溺れるが、年寄りだから溺れない」とか、ワケの分からんことを言って、全く止める気はない。
家族全員が乗ってるバスの中で、「無言の誓い」でひと言もしゃべらない長男に向かって、「女とやりまくれよ!それも一人とじゃない。できるだけ沢山の女とやりまくれ!」ってがなり続けるのはやめてください、おじいちゃん。

そりゃあ、息子もおかしくなるよね。
けど、あんたもあんただ。
無言の誓いをして、軽蔑する家族に関わらなきゃ、自分だけ棚に上がっていられると思っているんだろうが、私からすればあんたが一番愚かだ。
「ミスコン、試験、仕事。全部クソだ。」
ああ、そりゃあその通り。あんたは正しい!
けど、だからって何もしなければ、あんたはそのクソ以下。
そうやってて傷つかないで生きていけると思ったら大間違いだからね!
どっちの道を選ぼうが、人は傷つくものなんです。
そろそろそれに気が付いてもいい年なんじゃないの?

自殺企図して、「一人にできないから」仕方なくこの家族に入ってきた伯父さん。
プルーストの1番有名な研究者だ、って言ってるけど、世間にそう認められて賞をもらったのは他の研究者で、しかも、片思いの学生♂がその人の恋人になり、職を追われりゃ、自殺もしたくなるかもね。
まあ、この人はまともなのよ。
ただヘビーな状況にいるだけで。

こんな「変!」な家族の話なのに、ミスコンのステージで、家族みんなでストリップダンスを踊っているのを見ているあたしは、なんでか泣きながら笑ってましたさ!

なんでか、見てるうちに、それぞれに愛着が沸いて来てねぇ…。
黄色いバスが、だんだん幸せな色に見えてくるから不思議だ。
こんなに変でも、みんながホンのちょっとずつ現実に向き合えれば、結構おっきな力になれるのかもなぁ、なんて、妙に勇気付けられる映画なのでした。



JUGEMテーマ:映画


| koucha_2c | 映画レビュー | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









PROFILE

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
SPONSORED LINKS